訪書月刊 弘隆社(10360・10310)

 

1巻1号(1985年10月号) 特集・伝記文学、「雑談」総目次、明治マルクス文献年表、ききめ(出久根達郎)。ヤケ僅かシミ少シワ。 500

 

1巻3号(1985年12月号) 特集・60年代短歌(岸上大作・塚本邦雄・寺山修司、ほか)、「矛盾」総目次、明治マルクス文献年表3、最後の晩餐(出久根達郎)、ほか。ヤケ。 500

 

2巻1号(1986年1月号) 特集・地図、「探偵文芸」総目次1、明治マルクス文献年表4、ほか。ヤケ。 300

 

2巻2号(1986年2月号) 特集・奥宮建之、「探偵文芸」総目次2、明治マルクス文献年表5、高橋鐡先生の机(斎藤夜居)、ほか。ヤケ、表紙角折れ。 300

  

2巻4号(1986年4月号) 特集・古本屋体験、ほか。一部埃。 300

 

2巻5号(1986年5月号) 特集・「学問のすすめ」、ほか。 300

 

2巻6号(1986年6月号) 特集・キッチュー巷の芸術、ほか。 300

 

2巻7号(1986年7月号) 特集・日中戦争五十周年、ほか。 300

 

2巻8号(1986年8月号) 特集・鎌倉文庫、ほか。 300

 

2巻9号(1986年9月号) 特集・日本のシュルレアリスム、ほか。 300

 

2巻10号(1986年10月号) 特集・中野重治、ほか。 300

 

2巻11号(1986年11月号) 特集・明治の地方官、ほか。 300 

 

2巻12号(1986年12月号) 特集・かぶく、ほか。 300

 

3巻1号(1987年1月号) 特集・鉄道少年⇒わが趣味、ほか。 300

 

3巻2号(1987年2月号) 特集・龍馬と現代、ほか。 300

 

3巻3号(1987年3月号) 特集・大正の女たち、ほか。 300

 

3巻4号(1987年4月号) 特集・古本屋、ほか。 300

 

3巻5号(1987年5月号) 特集・寺山修司がいた、ほか。 300

 

3巻6号(1987年6月号) 特集・貸本マンガの時代、ほか。表紙エッジに褪色。 300

 

3巻7号(1987年7月号) 特集・賢治幻想、ほか。 300

 

3巻8号(1987年8月号) 特集・竹橋事件、ほか。 300

 

3巻9号(1987年9月号) 特集・書物への愛、ほか。 300

 

3巻10号(1987年10月号) 特集・安曇野、ほか。 300

 

3巻11号(1987年11月号) 特集・土佐の自由民権、ほか。 300

 

3巻12号(1987年12月号) 特集・忠臣蔵、ほか。 300

  

4巻2号(1988年2月号) 特集・戦争 焼け 跡古本屋、ほか。 300

 

 

4巻4号(1988年4月号) 特集・昭和の外交官、ほか。 300

 

4巻5号(1988年5月号) 特集・与謝野晶子、ほか。 300

 

4巻6号(1988年6月号) 特集・満鉄図書館、ほか。表紙に軽いキズ。 300

 

4巻7号(1988年7月号) 特集・賀川豊彦、ほか。 300円

 

4巻8号(1988年8月号) 特集・怪談、ほか。 300円

 

4巻9号(1988年9月号) 特集・映画文献、ほか。 300円

 

4巻10号(1988年10月号) 特集・高村智恵子、ほか。 300

 

4巻11号(1988年11月号) 特集・本を探す、ほか。 300

 

4巻12号(1988年12月号) 特集・「太平記」とその周辺、ほか。背に少擦れと褪色。 300

 

5巻1号(1989年1月号) 特集・かるた・双六・福笑、ほか。300

 

5巻2号(1989年2月号) 特集・古本屋ー戦後の出発、ほか。表装軽い擦れ。 300

 

5巻3号(1989年3月号) 特集・永久非難者・竹内好、ほか。僅かシミシワ。 300

 

5巻4号(1989年4月号) 特集・大正の童謡、ほか。 300円

 

5巻5号(1989年5月号) 特集・紀州ー田辺、ほか。 300円

 

5巻6号(1989年6月号) 特集・軍医 森鴎外、ほか。 300

 

5巻7号(1989年7月号) 特集・少女文学、ほか。 300

 

5巻8号(1989年8月号) 特集・書物の交通学、ほか。背に少褪色のど少痛み。 300

 

5巻9号(1989年9月号) 特集・戦争の宣伝 戦争のグラフィックを追う、ほか。 300

 

5巻10号(1989年10月号) 特集・本を探すⅡ ボクラはふるほん探偵団、ほか。 300

 

5巻11号(1989年11月号) 特集・小栗虫太郎、ほか。 300

 

5巻12号(1989年12月号) 特集・戦時下の或る教師集団、ほか。背に褪色。 300

 

6巻1号(1990年1月号) 特集・浅草ロック 踊れターキー走れロッパ、オペラ・アチャラカ・木馬よ回れ、ほか。 300

 

6巻2号(1990年2月号) 特集・満洲の詩人 故郷の友よ、父の遺産は黄塵に汚れた日の丸の旗ばかりだ(城小碓)、ほか。 300

 

6巻3号(1990年3月号) 特集・オキナワン・レヴュー 沖縄国に来てみれば でいごの花のさかりかな、ほか。 300

 

6巻4号(1990年4月号) 特集・楽しい古本屋、ほか。 300

 

6巻5号(1990年5月号) 特集・大正モダニズム・ブック・レヴュウ 一九二〇年代TOKIOを掠める40冊、ほか。 300

 

6巻6号(1990年6月号) 特集・饅頭本・売られなかった本 ひとは、思い出を、本にする、ほか。 300

 

6巻7号(1990年7月号) 特集・20人で書いた荒畑寒村 今、遠い寒村の声がききたく、ほか。 300

 

6巻8号(1990年8月号) 特集・春団治と三吉 浪速の男に惚れてみないか。 300

 

6巻9号(1990年9月号) 特集・サンカの本・その世界、ほか。 300

 

6巻10号(1990年10月号) 特集・ブック・レヴュウⅡ 日本人の世界探検 40冊のウルトラ・ニッポン、ほか。 300

 

6巻12号(1990年12月号)  特集・三島由紀夫を探す 「花ざかりの森」をぬけて行くと・・・、ほか。僅かシミ。 300

 

7巻1号(1991年1月号) 特集・100年前の日本 一八九一年を歩く、ほか。 300

 

7巻2号(1991年2月号) 特集・本を探すⅢ 先端古書店ガイド、ほか。 300

 

7巻3号(1991年3月号) 特集・つげ義春・本とその世界、ほか。 300

 

7巻4号(1991年4月号) 特集・ブック・レヴュウⅢ 日本人の世紀末体験、ほか。 300

 

7巻5号(1991年5月号) 特集・江戸のわらい・あそび 粋と洒脱の小宇宙、ほか 。 300

 

7巻6号(1991年6月号) 特集・文庫本の世界、ほか。背側に軽い褪色。 300

 

7巻7号(1991年7月号) 特集・楽しい古本屋Ⅱ、ほか。 300

  

7巻8号(1991年8月号) 特集・掘り出し本ーわれ発見せり!、ほか。 300

 

7巻9号(1991年9月号) 特集・眠れる書物の森の42人 忘れられた作家 忘れられた本、ほか。 300

 

7巻10号(1991年10月号) 特集・澁澤龍彦の本・その世界 幻想のかなたへ、ほか。 300

 

7巻10号(1991年10月号) 特集・澁澤龍彦の本・その世界 幻想のかなたへ、ほか。 300

 

7巻11号(1991年11月号) 特集・本の街神田総点検ー私の神保町、ほか。 300

 

7巻12号(1991年12月号) 特集・ブック・レヴュウⅣ 満洲・幻のモダニズム、ほか。 300

 

8巻1号(1992年1月号) 特集・はたちの頃に読んだ本、ほか。 300

 

8巻2号(1992年2月号) 特集・”女の一生を読む”、ほか。 300

 

8巻3号(1992年3月号) 特集・古書目録の見方・作り方、ほか。 300

 

8巻4号(1992年4月号) 特集・夢野久作ふたたび、ほか。 300

 

8巻5号(1992年5月号) 特集・早稲田古本屋界隈、ほか。 300

 

8巻6号(1992年6月号) 特集・MINAKATA・熊楠、ほか。 300

 

8巻7号(1992年7月号) 特集・眠れる書物の森の人々 忘れられた作家 忘れられた本、ほか。

300

 

8巻8号(1992年8月号) 特集・’60年代の逆襲、ほか。 300

 

8巻9号(1992年9月号) 特集・私のサイド・コレクション、ほか。 300

 

8巻10号(1992年10月号) 特集・私家本・売られなかった本、ほか。 300

 

8巻11号(1992年11月号) 特集・書物のアルケオロジー、ほか。 300

 

8巻12号(1992年12月号) 特集・OSAKAー織田作ワールド、ほか。 300

 

9巻1号(1993年1月号) 特集・’93年古書の世界を語る、ほか。 300

 

9巻7号(1993年7月号) 特集・ブック・レヴユⅤ 魔都上海、ほか。 300

 

9巻8号(1993年8月号) 特集・本を読む、ほか。 300  

 

9巻9号(1993年9月号) 特集・大正12年・関東大震災、ほか。 300

 

9巻10号(1993年10月号) 特集・本に出会う・書物の森の物語、ほか。 300

 

9巻11号(1993年11月号) 特集・平民社九十年、ほか。 300

 

9巻12号(1993年12月号) 特集・サハリン・千島を読む、ほか。 300

 

10巻1号(1994年1月号) 特集・各界奇人伝 全国「目録」発行書店一覧、100号特集、ほか。300

 

10巻2号(1994年2月号) 特集・この本を見よ、ほか。 300

 

10巻3号(1994年3月号) 特集・杉浦茂ワールド、インタビューほか。 300

 

10巻3号(1994年3月号) 特集・杉浦茂ワールド、インタビューほか。 300

 

10巻4号(1994年4月号) 特集・新内語り 岡本文弥、ほか。 300

 

10巻5号(1994年5月号) 特集・最後の少女たち 国民生活学院をめぐって、ほか。 300

 

10巻6号(1994年6月号) 特集・よろず重宝 黒岩涙香、ほか。 300

 

10巻7号(1994年7月号) 特集・眼で見る満洲 満洲写真作家協会、ほか。 300

 

10巻8号(1994年8月号) 特集・古本屋談義 古書の世界、ほか。 300

 

10巻9号(1994年9月号) 特集・私家本・豆本・ルリユール、ほか。 300

 

10巻10号(1994年10月号) 特集・山田風太郎見参!、ほか。 300

 

10巻11号(1994年11月号) 特集・東京三題 山田風太郎見参!後篇、ほか。 300

 

10巻12号(1994年12月号) 特集・南洋群島を読む、ほか。 300

 

11巻1号(1995年1月号) 特集・知の演出家 宮武外骨、ほか。 300

 

11巻2号(1995年2月号) 特集・大江戸を読む、ほか。300

 

11巻3号(1995年3月号) 特集・古書目録ベスト36 ある日の古本屋、ほか。 300

 

11巻4号(1995年4月号) 特集・内田魯庵 ルネサンス、ほか。 300

 

11巻6号(1995年6月号) 特集・きむ子というひと、ほか。裏表紙折れ。 300

 

11巻7号(1995年7月号) 特集・つげ忠男・「無頼平野」、ほか。表紙かなり擦れ、中身はきれいです。 200

 

11巻8号(1995年8月号) 特集・リュミエール暦100年 わたしの映画観、ほか。 300

 

11巻9号(1995年9月号) 特集・戦後五十年 わたしと古本屋、ほか。 300

 

11巻10号(1995年10月号) 特集・神は細部に宿りたまう、ほか。 300

 

11巻11号(1995年11月号) 特集・飲み屋の宇宙、ほか。 少シミ。 300

 

11巻12号(1995年12月号) 特集・名古屋モダニズム、ほか。 のどに少痛み。 300

 

12巻1号(1996年1月号) 特集・神戸だより 震災一年、追悼・松本克平さん、ほか。 300

 

12巻2号(1996年2月号) 特集・新春爆発放談会(山口昌男×青木茂)、映画の土方巽、ほか。 300

 

12巻3号(1996年3月号) 特集・古本屋へのパスポート、追悼・長井勝一さん、ほか。300

 

12巻4号(1996年4月号) 特集・阿木翁助さんインタビューむちゃくちゃでござりました、追悼・岡本太郎、ほか。 300

 

12巻5号(1996年5月号) 特集・淡島寒月没後七十年 南天堂階上喫茶店考、ほか。 300

 

12巻6号(1996年6月号) 特集・古河三樹松というひと 「売文社」から「平凡社」まで、ほか。300

 

12巻7号(1996年7月号) 特集・筆跡を読む 文士の手紙・画中餘滴、ほか。 300

 

12巻8号(1996年8月号) 阿木翁助さんインタビュー5、追悼・司馬遼太郎、ほか。 300

 

12巻9号(1996年9月号) 特集・不思議の国のアリスわがアリス、ほか。 300

 

12巻10号(1996年10月号) 特集・自由律俳句の人びと 井泉水・放哉・一石路・此君楼、ほか。 300

 

12巻11号(1996年11月号) 特集・きむ子 ふたたび 母・日向きむ子のこと、ほか。300

 

12巻12号(1996年12月号) 特集・石版画の世界 東京名所石版画、ほか。 300

 

13巻1号(1997年1月号) 特集・昭和六年を読む 桑原甲子雄さんインタビュー、ほか。 少し汚れ。 300  

 

13巻2号(1997年2月号) 特集・イナガキタルホとモダニズム 南天堂・新資料、ほか。 300

 

13巻3号(1997年3月号) 特集・文人・早川幾忠、ほか。 のどに痛み汚れ。 300

 

13巻4号(1997年4月号) 特集・楳図かずおロングインタビュー 森の恐怖の三時間、ほか。300

 

13巻5号(1997年5月号) 特集・さようなら 埴谷雄高さん、ほか。薄い汚れ。 300 

 

13巻6号(1997年6月号) 特集・踊るきむ子 きむ子の生涯、ほか。 のどに少汚れ。 300

 

13巻7号(1997年7月号) 特集・埴谷雄高とともに、ほか。 薄い汚れ。 300

  

13巻8号(1997年8月号) 特集・日本近代絵本、ほか。表紙少汚れ。 300

 

13巻9号(1997年9月号) 特集・’97年版全国「目録」発行書店一覧、ほか。 300

 

13巻10号(1997年10月号) 特集・古書展へ行こう ’97年版全国<古書展>リスト、ほか。300

 

13巻11号(1997年11月) 特集・伊藤芸術四兄弟 道郎・祐司・熹朔・千田是也、ほか。300

 

13巻12号(1997年12月号) 特集・古本屋へ行こう 古本屋の現場、ほか。 300

 

14巻1号(1998年1月号) 特集・新春アンケート この本を探せ!、ほか。 300

 

14巻2号(1998年2月号) 特集・震災の3年 神戸の古本屋、ほか。 300

  

14巻4号(1998年4月号) 特集・大崎正二 マールスドルフ城、ほか。裏表紙折れ。 300

 

14巻5号(1998年5月号) 特集・15年戦争下の絵本、ほか。 300

 

14巻7号(1998年7月号) 特集・馬込文士村・周辺のひとびと、ほか。 300

 

14巻8号(1998年8月号) 特集・劇団「さくら隊」原爆忌、ほか。 300

  

14巻11号(1998年11月号) 特集・大正ヒューマニズムの青春・「種蒔く人」、ほか。 300

 

14巻12号(1998年12月号) 特集・’98年古書の世界・私の収穫、ほか。 300

 

15巻1号(1999年1月号) 特集・'99年古書の世界・古本屋の探す本、ほか。 300

 

15巻2号(1999年2月号) 特集・’98年古書目録ベスト100、ほか。 300

 

15巻3号(1999年3月) 小特集・古本屋の書誌学、ほか。 300

 

15巻4号(1999年4月) 特集・書物の森を歩く、ほか。 300

 

15巻5号(1999年5月号) 特集・近代絵本の黎明期、ほか。 300

 

15巻6号(1999年6月号) 特集・全集不況時代!?、ほか。 300

 

15巻7号(1999年7月号) 特集・大博物学者・石井研堂の世界、ほか。 300

 

15巻8号(1999年8月号) 特集・ゲーテ生誕250年、ほか。 300

 

15巻9号(1999年9月号) 特集・加太こうじという人、ほか。 300

 

15巻10号(1999年10月号) 特集・がっちり買いまショー、ほか。 300

 

15巻11号(1999年11月号) 特集・博文館文化、ほか。 300

 

15巻12号(1999年12月号) 特集・忠臣蔵でござる、ほか。 300

 

16巻1号(2000年1月号) 特集・インターネットの古本屋、ほか。 300

 

16巻2号(2000年2月号) 特集・饅頭本の小宇宙、ほか。 300

 

16巻3号(2000年3月号) 特集・わたしは伊藤野枝、ほか。 300

 

16巻4号(2000年4月号) 特集・貸本屋ものがたり、ほか。 300

 

16巻5号(2000年5月号) 特集・戦時下幻の映画学校、ほか。 300

 

16巻6号(2000年6月号) 特集・長谷邦夫のパロディ漫画、ほか。 300

 

16巻7号(2000年7月号) 特集・探偵小説の迷宮、ほか。 300

 

16巻8号(2000年8月号) 特集・満洲の異色学校、ほか。 300

 

16巻9号(2000年9月号) 特集・蔵書票への誘い、ほか。 300

 

16巻10号(2000年10月) 特集・青山二郎の装幀、ほか。 300

 

16巻11号(2000年11月号) 特集・カレー三昧、ほか。 300

 

16巻12号(2000年12月号) 特集・戦後廃刊雑誌、ほか。 300

 

17巻1号(2001年1月号) 特集・インターネットの古本屋(2001年版)、ほか。 300

 

17巻2号(2001年2月号) 特集・新しい女・尾竹紅吉、ほか。 300

 

17巻3号(2001年3月号) 特集・没後三〇年・三角寛の世界、ほか。 300

 

17巻4号(2001年4月号) 特集・SFの逆襲、ほか。 300

 

17巻5号(2001年5月号) 特集・地べたノジャーナリスト、ほか。 僅か汚れ。 300

 

17巻6号(2001年6月号) 特集・ダダイスト・村山知義の肖像、ほか。 300

 

17巻7号(2001年7月号) 特集・この文庫、品切れ中につき、ほか。 300

 

17巻8号(2001年8月号) 特集・植草甚一の時間、ほか。 300

 

17巻9号(2001年9月号) 特集・性科学の曙光、ほか。 300

 

17巻11号(2001年11月号) 特集・第一回古本小説大賞発表・珍品大オークション、ほか。 300

 

17巻12号(2001年12月号) 特集・没後百年 兆民先生、七転八倒録、ほか。 300

 

18巻2号(2002年2月号) 特集・少女たちの小部屋、ほか。 300

 

18巻3号(2002年3月号) 特集・とある出版社の足あと、ほか。 300

 

18巻5号(2002年5月号) 特集・古本のへそ、ほか。 300

 

18巻6号(2002年6月号) 特集・殿山のタイちゃん、ほか、裏表紙にキズ。 300

 

18巻7号(2002年7月号) 特集・昆虫賦、ほか。 300

 

18巻8号(2002年8月号) 特集・馬賊の唄、ほか。 300

 

18巻9号(2002年9月号) 特集・絵葉書道楽、ほか、一角小さなアタリ。 300 

 

18巻10号(2002年10月号) 特集・中井英夫に会いにいく、ほか。 300

 

18巻11号(2002年11月号) 特集・第二回古本小説大賞発表・珍品大オークション、ほか。 300

 

18巻12号(2002年12月号) 特集・北園克衛の副読本、ほか。 300

 

19巻1号(2003年1月号) 特集・わたしの古本記念日、ほか。 300

 

19巻2号(2003年2月号) 特集・柳原白蓮・大正十年のスキャンダル、ほか。 300

 

19巻3号(2003年3月号) 特集・日記のぐるり、ほか。 300

 

19巻4号(2003年4月号) 特集・ふくらむ絵本、ほか。 300

 

19巻5号(2003年5月号) 特集・まんぷくノート、ほか。 300

 

19巻6号(2003年6月号) 特集・梶山季之の噂、ほか、表紙に少キズ。 300

 

19巻8号(2003年8月号) 特集・満洲のツーリズム、ほか。 300

 

 

 

本の雑誌 本の雑誌社(10701) 

 

13号(昭和54年7月15日) 感動的なホンバコのつくり方、ほか。21㎝、84頁、ヤケシミ。 500

 

15号(昭和54年11月15日) なぜチンチロリン小説がないのか(藤代三郎)、むかし、東スポは太陽だった(村松友視)、書評の真贋(小林信彦)、ほか。21㎝、100頁。背ヤケとテープ。 500

 

別冊本の雑誌②(1982年6月10日) 読み物作家100人集 21㎝、219頁。シミ。 300

 

27号(昭和57年9月30日) 群ようこ、沢野ひとし、佐野洋子、北上次郎、残間里江子、マッド・アマノ、ほか。21㎝、112頁。ヤケシミ裏表紙から数枚角折れ。 500

 

ようなもの通信27・28(1983年2月21日、1983年3月31日) 本の雑誌の研究会のようなもの通信 21㎝、各表紙とも8頁、ヤケシミシワ。 1000

 

29号(昭和58年2月28日) 佐野洋子、赤瀬川原平、倉本四郎、青山南、ほか。21㎝、120頁。ヤケシミ。 500

 

39号(昭和59年12月20日) 特集:椎名誠とあやしい仲間たち・オールタイムベストテン、ほか。21㎝、112頁。ヤケシミ。 500

 

41号(昭和60年4月20日) 特集:いま書店界を震撼させる「青木まりこ現象」の謎と真実を追う、ほか。21㎝、120頁。ヤケシミ。 500

 

41号(昭和60年4月20日) 特集:いま書店界を震撼させる「青木まりこ現象」の謎と真実を追う、ほか。21㎝、120頁。ヤケシミ。 500

 

42号(昭和60年6月20日) 特集:いまイラストは笑っておるか、ほか。21㎝、120頁。薄ヤケシミ。 500

 

45号(昭和60年12月20日) 21㎝、120頁。ヤケシミ。 300 

 

本の雑誌 創刊一〇周年記念文集 1985年5月12日 21㎝、112頁。ヤケシミ。 500 

 

50号(昭和61年10月15日) 戦後エンターティメント・ベスト10、ほか、21㎝、120頁。ヤケシミ。 300

 

55号(昭和62年8月20日) 大きなお世話サマ(小林信彦)、サンリオSF文庫全刊行リスト、ほか。21㎝、120頁。ヤケシミ。 300

 

145号(平成7年7月1日) 特集;読みたいのに読めない本、ほか。21㎝、120頁。薄ヤケシミ。 300

 

215号(平成13年5月1日) 21㎝、128頁。薄ヤケ。 300

 

 

50冊の本 玄海出版(10360)

 

1巻2号(昭和53年6月号) 特集・外国を知るための本。 薄ヤケ背擦れ。 300

 

1巻3号(昭和53年7月号) 特集・東西の文学者たち。 薄ヤケ軽い擦れ。 300

 

1巻6号(昭和53年10月号) 特集・新秋「文学」新刊選。 天背にシミ。 300

 

1巻8号(昭和53年12月号) 特集・一頁書評13篇、本誌書評総索引(創刊号~12月号)。少擦れ。 300

 

2巻2号(昭和54年2月号) 特集・今月の<著者自評>二流の愉しみ(山本夏彦)、大河内伝次郎(富士正晴)、ほか。 薄いシミ。 300

 

2巻3号(昭和54年3月号) 特集・今月の<著者自評>野づらは星あかり(住井すゑ)、妖術記(河野多恵子)、兎の眼(灰谷健次郎)、ほか。 薄いシミ。 300

 

2巻6号(昭和54年6月号) 特集・対談=丸山健二+景山正夫「人生なんて、悪い冗談だ」。軽いシミ擦れ、表紙キズ。 300

 

2巻9号(昭和54年11月号) 著者自評・吉村昭・紀田純一郎・立松和平、ほか、偽書・贋作ものがたり(山下武)、ほか。 薄ヤケ、表紙角折れ。 300

 

3巻2号(昭和55年2月号) なつかしい新刊(向井敏)、著者自評・風来の人(夏堀正元)ほか。薄ヤケシミ。 300

 

3巻4号(昭和55年4月号) 絶版文庫発掘ノート(岩男淳一郎)、著者自評・光る女(横尾忠則)、ほか。経年ヤケ擦れ。 300

 

3巻6号(昭和55年6月号) 絶版文庫発掘ノート、著者自評・飛田残月(黒岩重吾)、ほか。経年ヤケ。 300

 

3巻9号(昭和55年10月号) 絶版文庫発掘ノート、喪失を超えた文学ー立原正秋氏の死を悼む、ほか。 300

 

3巻11号(昭和55年12月号) 著者自評・畑田国男、塩田丸男、ほか。薄ヤケ。 300

 

4巻1号(昭和56年1月号) 新しい児童文学をめざして(小沢正)、著者自評・食の主権回復へ(津村喬)、大藪春彦と「野獣しすべし」(塩澤実信)、ほか。薄ヤケ軽い擦れ。 300

 

4巻2号(昭和56年2月号) 金達寿氏にきくー全集完結にあたって、ほか。経年ヤケシミ。 300

 

4巻3号(昭和56年3月号) 月刊サヨナラ号(季刊に生れかわります)、著者自評、話題の新刊コレクション、ほか。薄ヤケシミ。 300

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本の手帖83号(昭和44年8月) 特集・瀧口修造、昭森社。 経年ヤケとシミあり、本文には問題ありません、10185。 500